Interview

未経験だったカメラマンという仕事で、自身のなかった私が180度変わりました!

- 高橋 優奈さん
/入社5年目
カメラが趣味だったことがキッカケで、こちらの会社を選びました。
以前までは、人と話すことが苦手でしたが、仕事を通して上司や同僚、後輩、お客様と接することで、自信が持てるようになりました。
今では、新しいことにチャレンジしようと思うほど、自分が成長したと実感しています。
  • Q1. 入社のきっかけを教えてください。

    カメラが趣味だったので、カメラマンになってみようと思ったのがきっかけです。

    学校を卒業後、電気設備工事の会社に事務として勤務していました。

    2年程働いていたのですが、ある時から「働くなら自分が本当にやりたい仕事がしたい!」と強く思うようになりました。

    その当時の趣味がカメラだっだこともあり、旅行先の風景など様々な写真を撮ることが好きだったので、一度カメラマンをやってみたいと思い入社しました。

  • Q2. 今は具体的にどんな業務をされていますか?

    撮影・事務作業全般から美容業務も兼任しています。

    ベビーフォト、七五三、成人式、ウエディング、マタニティフォトなどの撮影メニュー全て対応しています。
    具体的には、写真撮影はもちろんのこと、パンフレットを作成したり撮影の構成などを考えたりしますね。

    他にもモデルさんの衣装を決めたり、美容スタッフさんと打ち合わせをしたりと様々です。

  • Q3. 現在までにどのようなステップで、どのような内容のお仕事を経験してこられましたか?

    即戦力として現場で学びながら、数多くの仕事を経験してきました。

    私が入社した当初は、ちょうど人手の足りない時期でした。

    また、入社したのが1年の中で一番忙しい11月だったこともあり、即戦力として現場で指導していただきながら業務を覚えていきました。
    とはいえ、さすがに入社して早々に一人で任せてもらえないので、先輩にフォローしてもらいながら実戦形式で慣れていきました。

    1年ちょっと位でベビーフォトや婚礼などの基本的な撮影メニューを教えてもらい、半年後には一通り撮影メニューをこなすことができるようになりました。

    早い段階から色々と経験させていただいたことがスキルアップにつながり、今では100店舗程参加する商業用写真のコンテストで、受賞できるぐらい成長できました。

  • Q4. ご自身から見た職場の雰囲気を教えて下さい。

    キャリアに関係なく、仕事に関しての意見交換ができる環境なので、風通しが良くやる気に満ち溢れている雰囲気を感じます。

    皆さん仕事に対しての意識が高い印象がありますね。

    例えば、今までの流行を分析したり、今の流行りのおしゃれがどうなっているのか?
    面白そうな撮影イベントが開催されている等、皆さん常時敏感にアンテナを張っています。

    そんな環境だからこそ、レベルの高い上司や先輩と真剣に意見交換することができるので、お互いに信頼できるようになりますね。

    若手だからといって意見を聞いてもらえないこともありませんし、ちゃんと仕事仲間の一人として意見をもらえます。

    やはり、若手も先輩・上司もお客様を満足させたいというベクトルが一緒なので、会社全体に良い影響を与えていると思います。
    もちろん、仕事以外でもプライベートのメンタル面をサポートしてくれたり、体調や精神面にも気を遣ってくれています。

  • Q5. この会社に入って良かったなと思うことはなんですか?

    自分に自信が持てるようになったことです。

    以前までは、何事においても自己主張することを控えていた為、仕事やプライベートで人と話すことが苦手でした。

    ですが、今ではスタジオで毎日お客様と接することで、次第に自信が持てるようになりました。

    「お客様が何を望んでいるのか?」「どうすれば喜んでもらえるか?」など考え接していく内に、お客様としっかりコミュニケーションが取れるようになりました。

    自信が付いた今では、何か新しいことに挑戦してみようと思えるぐらい成長できたので、この会社に入って良かったと思っています。

  • Q6. 会社にこんな制度があるといいな、ここはもう少しこうしたら良いのでは?と思うことがあれば教えてください。

    新入社員に対しての教育環境を良くしてあげたいですね。

    やはり、一年中お客様が来て下さるような業種ではあるので、どうしても時間を確保することが難しい場合があります。

    そのため、若手のスタッフが「もっとスキルアップしたい」という時でも、練習よりも自分たちの実務を優先にしなければならない時があり、本気で勉強したい、練習したいというモチベーションの高さにもっとタイムリーに対応してあげられたらと感じることがあります。

    以前よりも大幅に改善されてはいますが、今後の課題として、何かしくみ作りによる対応であったり、私たち先輩が時間の使い方を工夫していければと思います。

  • Q7. 辞めようと思ったことはありますか?

    あります。

    辞めたいと思った時は、大体は自分の力不足を感じて「向いてないのかなぁ・・・」なんて落ち込んでしまったりした時です。

    駆け出しの頃は右も左もわからない状態で先輩から指導を受けていたのですが、思うように期待に答えられないことが悔しくて泣いてしまうとか、自信が持てなくて辞めたいと思うこととかがありましたね。

    何か言われたとか嫌なことをされたからという訳ではありません。

    今では自分に自信がつき、周りの人達の支えや尊敬する先輩からの指導に感謝しながら、この仲間とずっと一緒に仕事がしたい…という気持ちで向き合っています。

  • Q8. これから働く上でどういった仕事をしたいですか?

    お客様に喜んでいただく為、新しいメニューを作成したいと思っています。

    今、新しい取り組みとして、まだ業界でも珍しい「ニューボーンフォト」の新メニューを考案中です。

    具体的な撮影内容としては、新生児の生後1~2週間位の赤ちゃんを美しくおしゃれに撮影します。

    弊社ではマタニティーフォトなどの依頼が多いことから、ニューボーンフォトもお客様に喜んでもらえると思い、現在上司と共に企画を練り上げています。

    お客様の希望に応えられるよう、できるだけはやく確立させたいと思います。

  • Q9. あなたの社長の自慢をしてください

    自分の子供のように大切にしてもらっています。

    社長との距離感が近いのが、一つの特徴なのかと思っています。
    いつも気にかけてくれますし「何かあったらいつでも相談して下さい」と声をかけてもらっています。

    それに、様々なジャンルに精通している人なので、仕事やそれ以外のことに関しても、質問すると何でも教えてもらえます。

    やっぱり、大事にされていると感じれることは嬉しいですね。

  • Q10. 趣味、又は休日の過ごし方を教えて下さい。

    海外ドラマや映画を見ることが好きです。

    はまりやすく冷めやすいので、その時々によって変わりますが、まとまって時間が取れる場合には海外ドラマや映画を見ます。

    また、外出するのも好きなので、慕ってくれている後輩スタッフと、プライベートでどこかへ遊びに行ったりもしています。

  • Q11. どんな人がこの会社に向いていると思いますか?

    チャレンジ精神や、「何か自分を変えたい」という気持ちのある人におすすめですね

    積極性があり、人と話すことが好きな人が良いと思います。
    それに、結構強く言われることもある業界なので、自分自身の価値観や個性を持っている人や持ちたいという人が向いていると思いますね。

    また、写真を撮ることが大好きだったり、自分自身のステップアップに繋がることを楽しんでできることも大切だと思います。

  • Q12. 最後に入社希望の方にメッセージをお願いします。

    この仕事に就くと、かなり自分の目に映る物事の見方が変わると思います。
    新しい自分を見つけたい方、ぜひ一緒に働きましょう!